事業者ローン >> 総量規制を気にしなくても良い事業者ローン

総量規制を気にしなくても良い事業者ローン

お金を借りるときに、必ず出てくる言葉が総量規制です。総量規制は借りすぎを防止するために、2010年にできた法律です。それ以前は消費者金融などでは、誰にでもいくらでも貸付をしていました。そのため借金地獄に陥る人が増え、社会問題となってしまったのです。

総量規制で年収の3分の1以上の借入はできないと定めることにより、返済能力を超える借金ができないようにしたことになります。つまり年収が300万円であれば100万円、600万円であれば200万円しか借入をすることができなくなりました。

ただ総量規制の対象となるのは、消費者金融などの貸金業のみです。銀行は総量規制に関係なく貸付けをすることができます。さらに総量規制が関わってくるのは、個人向けの融資だけとなります。ですから事業者ローンは総量規制の対象外となります。年収が100万円であっても、事業者ローンから300万円の融資を受けることもできるのです。

法人だけでなく個人事業主であっても、事業者ローンなら年収の3分の1以上の借入をすることができます。個人事業主は個人向けのキャッシングやカードローンでの借入を、事業用に回したいと考えることがあるかもしれません。

年収が低い個人事業主は、消費者金融の個人向け融資だと総量規制に引っ掛かかり少額しか借りられないことが考えられます。それならノンバンクでも総量規制を気にしなくても良い事業者ローンを優先すれば、高額の借入をすることもでき便利です。