事業者ローン >> 事業者ローンに必要な書類とは

事業者ローンに必要な書類とは

個人向けのキャッシングやカードローン利用時には、本人確認や収入証明証などの書類が必要となります。事業者ローンでも、申込み時に書類を用意しなければなりません。個人向けのキャッシングやカードローンに比べると、事業者ローンの方が必要書類の数は多くなる傾向にあります。

事業者ローンでも本人確認ができる書類を提出しなければなりません。運転免許証やパスポート、健康保険証などを用意しておきましょう。パスポートは有効期限が切れているケースが多いので、注意が必要です。それから事業者ローンならではとなる書類が、決算書や確定申告書になります。直近2年程度のものを必要とすることが多いです。これにより事業の経営状態をローン会社が把握をし、融資をしても大丈夫かを判断することになります。経営状態は赤字より黒字の方が、事業者ローンは借りやすいです。しかし赤字を少なく見せようと、小細工をする必要はありません。正直に申告をするようにしましょう。

それから事業計画書が必要な事業者ローンもあります。どのようにお金を使うのか、利益を挙げられるのかを、融資先に伝える必要があるのです。事業計画をしておらずただお金を借りたいような事業主に、お金を貸したいと思うローン会社はありません。事業計画書はしっかり作成する必要があります。

ただノンバンクの事業者ローンでは、必要最低限の書類だけで良いことがあります。事業計画書を作成する時間がないといった場合は、ノンバンクの事業者ローンを利用すると良いでしょう。