事業者ローン >> 事業者ローンの金利を優遇してもらう方法

事業者ローンの金利を優遇してもらう方法

事業者ローンを利用するなら、少しでも金利が低い方が良いのではないでしょうか。事業者ローンの金利は下限金利と上限金利が設定されています。新規利用時はほぼ上限金利が適用されてしまいます。

事業者ローンを利用するのは初めてだけれど、上限金利より低い金利で融資をして欲しい。それならすでに取引のある金融機関の事業者ローンを利用しましょう。口座を持っている金融機関であれば、いつもどのくらいお金の出入りがあるのかがわかります。通帳の残高も把握できますので、返済能力もある程度予想できます。

また個人的にキャッシングやカードローンを利用したことがある金融機関でも良いでしょう。期日までに返済をしていれば、貸してもきちんと返してくれる人だと信用度は高まります。事業者ローンであっても返済はしてくれるだろうとなり、審査に通過しやすくなり優遇金利になるかもしれません。

利用履歴により審査がスムーズにすすみ借主の信用が高いと評価されれば、金利は優遇される確率が高くなります。上限金利より低い金利で融資を受けられるかもしれません。事業用の資金が必要になったら、普段利用している金融機関に事業者ローンはないか調べてみると良いでしょう。

また事業者ローンの金利には、決算書や事業計画書なども重要になります。税理士が作成したなど信頼度が高い書類を提出すると、金利を優遇してくれる金融機関もあります。ただ赤字経営が続いているなどであれば、事業主の信用度が高くても金利優遇は諦めるべきでしょう。